高等教育の無償化を求めるメッセージ2

2018年12月10日

教育の漸進的無償化立法を求める会に,一人の高校教員からメッセージが届きました。浪人生や高卒認定者も含めて,経済的な事由によって学ぶ権利が保障されないことがないよう,願いが込められたメッセージです。その投稿をご紹介します。

「ある公立高校の事例です。

両親を小学校3年生で亡くし、親戚の家で養育されながら高校3年生になりました。地道に努力し大変優秀な成績で、人柄も温厚で素晴らしいのですが、経済的な理由から国公立にしか進学できない状況でした。昨年は、模試の判定がAやBが出ていた国公立の前期、後期入試を受験しましたが、私大の定員厳格化で大学入試状況が激変し、まさかの浪人を余儀なくされてしまいました。今年は、コンビニで早朝のアルバイトを週3回しながら、宅浪で毎日図書館に通い、捲土重来を期しています。

このような例は氷山の一角にしか過ぎないかと思われます。実際に、中堅の進学校でも、両親がおらず施設から通っている、祖父母の年金で生活している、という生徒もいます。両親がそろっていても経済的に厳しい状況もあり、国公立以外の私大は限られた数しか受けられず、給付制奨学金のある大学をターゲットに志望校を考えている例もあり、結果的に受験した大学全て不合格、という例もありました。このような状況の中で、予備校に通えず宅浪している卒業生も増えてきています。

憲法で保障された学ぶ権利の保障を考えますと、浪人生や高卒認定者も含まれることを切に願います。経済的な事由によって学ぶ権利が差別がされることがないよう、大学進学を希望する全ての国民が給付制奨学金の対象になることを望みます。

どうかよろしくお願いします。

公立高校教師」